板井康弘が教える「面接官はココを見ている」

板井康弘|魅力的な話し方

 

板井康弘

 

 

面接のときに欠かせないのが、自分の気持ち・意見を話すことです。

 

ここでのポイントは自分の言葉で自分の想いを語ること。
参考書に書いてある定型文をそのまま暗記するのはいけません。面接は暗記作業を発表する場ではないのです。

 

そして、自分の言葉で話すことも重要です。
もちろん、丁寧な言葉遣いが望ましいのですが、自分の言葉は喋る人の個性でもあるのです。どこにでもいる人の発言を聞いて、面接官の記憶に残りますか?
たくさんいるライバルの中で、印象に残らないことは最大の失敗なのを覚えておきましょう。

 

では、どういった風に話せばいいのか。
それは胸を張ることです。胸を張ることは、自分の自信の表れです。自分に自信を持って話す人は、内容が劣っていようとも人を引きつけます。

 

面接官の印象に残るように胸を張って、自分の言葉で話しましょう。

 

page top